ROSSIGNOL SKI(ロシニョール スキー) 2020年モデル 予約受付開始

ご利用ガイド

お問い合わせ

特定商取引法



ロシニョール スキー インプレッション

ROSSIGNOL DYNASTAR LANG 専門店 鈴木スポーツ > 2020年モデル > ロシニョール スキー インプレッション

ロシニョール スキー 2020年モデル インプレッション

2018年12月12-13日開催されました、2020キックオフイベントにおいて、試乗会後にプロスタッフの方に、試乗した印象についてインタビューしました。

2020キックオフイベント

ロシニョール スキー デモ ALPHA(アルファ) Ti (KONECT) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ ALPHA PLUS (アルファ プラス)Ti (KONECT) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ ALPHA Ti Ltd (R22) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ GAMMA 2020年モデル

 

ディナスター SPEED WC FIS GS (R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED WC FIS SL (R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER DLC(R22)2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER SL(R22)2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER SL KONECT 2020年モデル

ディナスター SPEED SPEED ZONE 12 2020年モデル

ディナスター DEMO SPEED ZONE 10 2020年モデル


 


 

ロシニョール スキー デモ ALPHA(アルファ)Ti (KONECT) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ アルファ Ti 2020年モデル

トップの捻じれの感じがすごく良くでていて、LCT(中央部の新機能)によって振動がなくなるので、すごく滑らかなイメージになっています。
乗り手を選ばない板になっているので、ターンの前半もとりやすいですし、アイスバーンとか、コブも結構使えそうな板です。


 

ロシニョール スキー デモ ALPHA PLUS (アルファ プラス)Ti (KONECT) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ ALPHA PLUS(アルファ プラス) 2020年モデル

センターが77mm幅、トップが129mmあるので、すごく浮力が出て、硬いバーンはもちろんですが、春雪にも最適です。

太い板特有の「エッジに乗らせれてしまう板」じゃなくて、ちゃんと操作が出来る板になっています。
キビキビと動かすこともできますし、クルージングみたいな大回りにも、最適です。
トップの捻じれが良く、LCTによる振動吸収も良いので、太くて、滑らかで、キビキビも動いてくれますので、ロシニョールのデモシリーズの中でも、イチオシの1台です。

 

ロシニョール スキー デモ ALPHA Ti Ltd (R22) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ ALPHA Lid (アルファ) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ ALPHA Lid (アルファ) 2020年モデル

プレートがセパレートではなくなり、R22プレートになったので、ロッカーフレックスが必要なくなって、ロッカーブロックになりました。
これにより乗り味は、足元がすごく強くなったので、板の反応なども良くなり、スピードを出してギュンギュン滑るには最適な板だなと思いました。

 

ロシニョール スキー デモ GAMMA (ガンマ) 2020年モデル

ロシニョール スキー デモ GAMMAS(ガンマ) 2020年モデル

ガンマは、ジーフォーステックとLCTが入り、乗り味は、エッジの捉えが良くなったので、カービングターンをしてみたい方には、とても乗りやすいです。
軽い板なので、人を選ばずに乗れて、結構スピードを出してもブレないので、扱いやすい板だと思います。

 

 

2020キックオフイベント

 

ディナスター SPEED WC FIS GS (R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED WC FIS GS (R22) 2020年モデル

R22レーシングプレートと、新しくヒールブロッカー機能が搭載されたロッカーレースブロッカーのバインディングに変わっています。
昨年のロッカーフレックスと比べると、ロッカーレースブロッカー バインディングは、セパレートされたタイプになっていますので、まず、しっかりと踏み込んだ時のエッジグリップが去年よりも感じます。

R22プレートが、前方向にスライドして撓んでいき、スキーの前側部をしっかりと撓ませる感じがするので、乗り手の印象としては、スキー全体が撓んでいるような、均一な撓みを感じるモデルになります。
ヒールブロッカーを使ったことによって、ターン後半の踵寄りの踏み込みになった時の走りが、今までないクイックな走りになって、よりスキーを動かすような感じでラフに動いても、しっかりと噛んでくれるので、
タイムが確実に出るような板になるかと思います。

 

ディナスター SPEED WC FIS SL (R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED WC FIS SL (R22) 2020年モデル

SPEED FIS SLは定評のあるワールドカップで最新のサイドカットを使ったスラロームスキーになります。

新しいヒールブロッカーを使ったロッカーレースブロッカー バインディングを使っているので、今まで以上に均一な撓みが出やすいです。
ヒールブロッカーを使ったことによって、ターンの後半に、力を受け止めてくれる感じが強くなり、短いエッジングをしても、しっかりと板が反応して、抜けを作ってくれるので、
非常に楽に次のターンに入っていく切り返しがしやすい板かと思います。

 

ディナスター SPEED MASTER DLC(R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER DLC(R22)2020年モデル

マスターシリーズは、デモレースカテゴリーのファクトリーモデルで、Master GS プレミア DLCというモデルがあります。

これは定評のあるMaster GSのモールドの180cmに、レーシングの最先端のテクノロジーの「DLC」を搭載したモデルになります。
長さ的にみますと、180cmなので、ロングターンに向いてはいるんですけども、けっこうゲレンデの狭いエリアでも取り回しが良いスキーになるかと思います。

最初に重量感を感じるのですが、衝撃吸収力が高いので、特にハイスピードのロングクルージングなどをした時には、異次元の乗り心地を感じられます。
もう、ホントに、車で言うと「高級車」に乗っているような、非常に安定したものなので、長い距離を滑っても疲れないことから、シニアの方でも十分使っていただけるモデルと思います。

 

ディナスター SPEED MASTER SL(R22) 2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER SL (R22) 2020年モデル

R22のプレート付きなんですけど、こちらはデモ アスリートのショート向けのスキーになります。

パワードライブテクノロジーがディナスターにはあるのですが、こちらはデモシーンにあわせて、コブや柔らかい雪も滑れるように、敢えてダブルレイヤーのパワードライブテクノロジーを使っています。
足元はレーシングと同じセッティングになっているので、わりとカッチリしているんですけど、スキー自体がダブルレイヤーで挙動を安定させてくれるので、特に柔らかい雪や、雪質が荒れたところでの板の走破性が抜群なショート系のモデルになります。

 

ディナスター SPEED MASTER SL KONECT 2020年モデル

ディナスター SPEED MASTER SL KONECT 2020年モデル

KONECTバインディングシステムを使ったモデルになります。

乗り方としては、乗った感じが、コネクトシステムはしっかりとしたプレートなんですけど、撓みが非常に出やすくなっているので、よりスキーをもうひと撓ませしたいとか、
スキーを少しルーズに動かしてターンポジションを採っていきたい、などと思っているエキスパートスキーヤーなどにピッタリなスキーになるかと思います。

 

ディナスター DEMO SPEED ZONE 12 2020年モデル

ディナスター DEMO SPEED ZONE 12 2020年モデル

こちらは、ディナスターが持っているテクノロジーを全てつぎ込んだモデルになります。

レーシングに使われている3レイヤーのパワードライブテクノロジー、3Dコンストラクション、それと、PUコアとウッドを合わせた「ハイブリッドコア」を採用しています。
普通のシンプルなサンドイッチ構造の板よりも、逆に均一なフレックスと本当のフレックスが出るモデルになるかと思います。
ハイブリッドコアにしたことで、反発性を凄くつくることができることと、板の耐久性も非常に増していますので、軽快なエキスパートスキーと言えるかもしれません。

 

ディナスター DEMO SPEED ZONE 10 2020年モデル

ディナスター DEMO SPEED ZONE 10 2020年モデル

こちらはパワードライブテクノロジーを使って、さらに板のトップシートの中にもABSのシートを入れて捻じれ方向の振動吸収もできるようになっています。
サイドカット自体は、スラローム寄りのサイドカット、それにターンの反発のリズムはスラロームなんですけども、足元をちょっと広めにとっているので、非常に安定感があります。
ゲレンデ脇のサイドカントリーなんかに行った時にも、クイックな操作を楽しんでいただけるモデルになるかと思います。

それと、軽量モデルなので、女性のエキスパートのスキーヤーにも非常に合うモデルと思います。

 

2019キックオフイベント

2020年モデル ご予約承ります。
2020年モデル ご予約お申込みはこちらから

 

お買い物ガイド